Pocket

 

急ですが、7月22日の学校が夏休みに入った最初の土曜日、東武ワールドスクエア駅が開業します!

それを記念して、東武ワールドスクエアが無料なんだとか!!

これは、要チェックです!



東武ワールドスクエアってどんなところ?

栃木県の観光地、日光の温泉街鬼怒川にあるテーマパーク。

46の世界遺産を含む、世界の有名建築102点のミニチュアが展示され、1日で世界1周旅行が楽しめます。

園内には、身長7㎝の人々が14万人も(!)住んでいて、いろんな表情を見せてくれます。

一人一人を見ているだけでも、その観光地の活気がそのまま伝わってくるようです!

展示物の周りには自然も再現され、四季を感じることができます。

園内はヒストリウムシアターや、レストラン、室内キッズルームなども充実していて、休憩しながら回れます。

小さい子がいても、安心のベビーカー貸し出しや授乳室完備などあり。車いすの無料貸し出しなどもあります。

園内では、チャイニーズアクロバットや、パントマイムバルーン、ジャグリングなどのパフォーマンスショーもあります。

お子さんが世界に目を向けるきっかけに、また学校で学んだことをこの目で見に、世界遺産を守るという意識を持つために、「まなび」を見つけにお子さんと行きませんか?

 

【もっと詳しく】

●再入園は当日限り可能

●お弁当の持ち込み禁止

●乗り物やアトラクションはなし

●年中無休、7/22は9時から17時

 

アクセス、クーポンなど

7/22は入園無料ですが、普段は鉄道またはバスチケット、入園券、鬼怒川温泉日帰り入浴券のセットのクーポンが利用できます。

クーポン購入はこちら 電車の旅

最寄駅は東武鬼怒川線 東武ワールドスクエア駅 そこから徒歩1分

 

車で行く場合

 

 

 

気になる放射線量は?

北関東ということで、気になる人も多いでしょう。

日光市が4月から6月の間に計測した数値をマップに落としたものがこちら。

東武ワールドスクエアがあるのは、右下の今市ICあたり。

ちょうど、0.1以下と0.1以上0.23未満の間が混じっている周辺です。

栃木県は、2012年ごろまでは除染対象になり得る地域もあるなど、高い数値で推移していましたが、2017年はだいぶ落ち着きました。

それでも0.04~0.17という範囲でばらつきが見られます。

除染基準は0.23ですので、それよりはだいぶ低い数値ですが、放射線がたまりやすいような土壌を掘ったり触ったりしないように極力気を付けましょう。

園内を回る程度の時間であることも踏まえてであれば、何ら問題はないと言われる数値です。

 

入園無料が2週間後ということで、急ぎの記事になりました。

小学生以上の子どもたちにとっては、良い学びや発見の場になることは間違いありません。

最初の土日に無料で入れて、自由研究のネタになるのであれば、もうこっちのもんです♪

修学旅行でも良く行く日光ですから、日光東照宮や江戸村など、学びの場も見どころも満載です。

ついでに温泉。最高ですね!!

 

東武ワールドスクエアHP