Pocket

STDって、聞いたことはありますか?

性感染症を指すアルファベットで、「Sexually(性的な) Transmitted(伝わった) Disease(病気)」の略です。

1度でも性交渉をもったら、可能性を疑うべき病気を総称してこう言います。

大体の方は、

「私には関係ない」「おれには関係ない」

と思いがちですし、症状がなければSTDなど思いつきもしないことかもしれません。

あまりにも、教育がされていないのです。

しかし現状に、STDが長期にわたり潜伏していて、妊娠してから子宮頸がんに気づく・・すでに身体が蝕まれていた・・・なんていうことも少なくありません。

パートナーが決まったら、パートナーが変わったら、健康診断と同じように検査しておきたい健康チェックのひとつです。

STD検査したことありますか?

感染を放置するととても危険

STDの中には、発症しても症状を感じにくいものがあります。

さらに、痒みや皮膚の炎症などの症状が出ても、恥ずかしさや抵抗感から放置しがちです。

ママやパパにもなると、病院へ検査しに行くだけの時間をわざわざ取るのは・・・という方がほとんどでしょう。

しかし、STDは放っておくとどんどん体をむしばんでいきます。

菌やウイルスが病気を引き起こしているのですから、大体が子宮周りの機能を低下させ不妊の原因となるほか、流産や早産の原因になります。

妊娠しても感染に気づかない場合は出産時に赤ちゃんにまで感染の危険が及びます。

また、STDに感染しているとHIV(エイズウイルス)に感染する確率は通常の3~5倍と、免疫力も著しく低下してしまいます。

日本では初期のSTD検査が普及していないために感染に気付かず、いきなりHIVを発症してしまう患者さんが多いそうです。

 

パートナーが発症していないから大丈夫?

自分もパートナーも何の兆しも見られないから、大丈夫。

そう思っていませんか?STDは潜伏期間があり、免疫力で押さえられなくなったと同時に発症します。

つまり、発症していなくても感染者であることが良くあります。

また、パートナーの過去のパートナーが一人でも感染者であれば、STDに感染している確率はとても高いです。

でも、そんなこと遡ってまでわかりませんよね。だから、今のパートナーと二人で一緒に検査をすることが望ましいです。

子どもを授かる前に二人できちんと検査することは、現代の義務だともいえます。これをブライダルチェックといいます。

まだ結婚前で、一人で不安に思っているのであれば、すぐに郵送で検査ができるキットで検査ができるのが良いでしょう。

いずれにせよ、感染している場合にはできるだけ早い治療が望まれます。

 

そこで、今回は大人の女性が多く見ているこのブログで、自分で家で検査できるキットの存在を広めるべく、キットをサンプルで頂きましたので紹介します!

 

 

STD感染検査キットの使い方

 

届いたのは予防会の郵送キット

サンプルは女性セットB。

性感染症における一般的な項目を一度に調べられるセットとして、一番多くの人が利用しているセットです。何をしたらいいか・・・とお悩みの方にはお勧め。

検査できる病気は、HIV感染症・梅毒・性器クラミジア・性器淋菌感染症・性器カンジダ症、となっています。

郵送で誰にも知られずに検査が迅速にできます。

中身はこの3つの袋に分けられます。

説明書や書類等

一番左の袋を開けると、たくさんの説明書などが出てきます。

内容は

HIV検査説明書、検査キット内容説明書、検査依頼書、封筒、アンケートのお願い、報告書希望用紙

が入っています。

まずはしっかり読んで、どんなタイミングで検査すればよいか、どのような流れで検査結果がわかるのかを把握する必要があります。

POINT!

●検査は、疑わしい行為から3~4週間後に行う。

●検査結果は受付後2~3日営業日で、ネットから確認できる。

●検査結果の報告書は希望すれば、希望した場所へ郵送してくれる。局留めも対応可。

膣分泌キット

中はこうなっていて、もう一つの袋を開けると採取道具が入っています。

まずこのラベルシールに、名前と採取した日にちを書きます。

この中の綿棒で、子宮粘膜の採取を2回行います。大体3分の1ほどの長さを膣に挿入し、10秒ほどゆっくり回転させて採取します。

 

この時に使いにくかったら、2回目にはもう一つのパックに入っている青い柄の綿棒を使います。少し細いです。

 

採取した綿棒を、そのまま検査容器に入れます。

この時、綿棒が長いので、黒い線の部分で折りましょう。

同じように、黄色いキャップの容器の方にも、粘膜を採取した綿棒を入れます。

そして、先ほどのラベルシールを貼ります。

すぐに、この封筒に入れましょう。

 

血液キット

はじめにろ紙を出しておきます。

「押す」のところをゆっくり縮めると、ろ紙が出てきます。

ろ紙の準備ができたら、このアルコールを含んだ脱脂綿で、指先をふき取ります。

そして、この器具の蓋を取り、採決する指に当てて「カチッ」と音がするまで押します。

ゆっくりではなく、グッと素早く押すのがポイントです。

中から2mmほど針が出て、指先が少しチクッとします。そこから血液がにじんでくるので、先ほど用意しておいたろ紙に2㎝ほど含ませます。

しばらく乾かします。

乾いたら、「押す」のところを引っ張ってろ紙を中に戻し、後ろに名前と日付を書きます。

施設名は書きません。

それらを全部ジップ付きの袋に入れます。

返信用封筒に入れます。

必要書類一式

最後に、検査依頼書を記入し、封筒に入れます。

アンケートに協力したり、報告書を受け取る必要があったりするときは、こちらも記入します。

上の書類を封筒に入れたら、しっかりと封をしてポストへ入れてください。

結果は到着後、営業日の2~3日後ほどでネットで見ることができます。

 

自分の身体をしっかり知ることは、とても需要です。

パートナーのためともいえるでしょう。

結婚前のカップル、

子どもを授かりたいと考えているカップルはもちろん、

パートナーが変わった人、

少し不安のある人、これはもしかして・・・と思っている人、

できるだけ早い発見が必要です。

 

予防会 の検査キットは、郵送キットの先駆けとして10年超の実績があります。このスクリーニング検査で陽性でも、提携クリニックで迅速な治療が可能です。

クリニックに行くにはちょっと、という人たちにまずは手に取ってほしいキットです。