Pocket

昔から何かといわれている黄砂。

小学生でも社会で黄砂とは何ぞやと習いますよね。お隣の中国のはるか西側の砂漠から舞い上がった砂が、ジェット気流に乗って日本まで飛んでくる砂埃のことです。

この黄砂、なんと10年ぶりに2日連続で、日本の7割以上の地点で飛来が観測されたそうです。




 

なんか、関東に黄砂が飛んできていないみたいになっていますが…この部屋中の黄色いざらざらは何だろう?

 

布団干す前に見てね!!↓↓

黄砂の飛来レーダー情報はこちら

 

で、ただの砂ならそんなに気にならないのですが、(学校や公園の近くも砂埃すごいですものね。)場所によっては黄砂の影響というのは花粉より深刻で、うっかり洗濯物の外干しができないほどなのだとか…

中国首都の北京に駐在中の友人によると、黄砂注意報が出た時には視界が悪くなり、呼吸するにも危険なため、外出もできなくなるそうです。

友人から送られてきた北京の写真です。

左が、快晴時。右が、黄砂警報時。

もう、砂で太陽光が遮られています。ひぇ~。

これが、はるばる飛んでくるわけですね~。

 

ちなみに雨が降った日の我が家の車のボンネットは、こんな感じに…

雨のたびにこうですからもう、洗車する気もなくなります。

ね?関東にも飛んでますよね??

 

もうどうしたらよいのやら。

 

それで、なぜ黄砂がそんなに厄介かというと。黄砂は、西側から舞い上がり中国の大都会の大気汚染エリアを通過して、有害物質を吸着したものが日本に届きます。

ですから、黄砂が飛来するということは中国の大気汚染の有害物質が届いているという事でもあり、あまり外で長時間いるとそれらを吸い込んでいることになりますから注意が必要なんですよね。

 

なんとなく気分が、すぐれないとか、体調がよくないとか、頭が痛い、のどがイガイガする、なんかは黄砂の影響かもしれませんよ

アトピーやぜんそくなどをお持ちの方は悪化の恐れがあるので要注意です。

嫌ですね。マスクマスク。マスクで防げるんなら、いくらでも買います。

多少暑くたって、中国の汚染空気を吸って具合悪くなるくらいならマスクつけます。

毎日使うから大量買いです。

 

我が家はそれで、時短もかねて乾燥機まで買いました。きれいにした洗濯物が、外に干したら黄砂で汚れるなんてとんでもない!

自分はまあいいとしても、子どもたちにそれを着せると考えるとぞっとしてしまいます。

GW空けて憂鬱なのに、憂鬱要素が増えるなんて。。。

皆様も、黄砂情報に目を向けてみてくださいね。

 

アレルギーの原因にもなる黄砂、お部屋には持ち込まないようにしたいですね。