Pocket

北朝鮮が核弾頭ミサイルを搭載したミサイルを発射しました。

子どもは幼稚園や学校に、主人は会社にと、家族がバラバラの平日に何かあったらと緊張している方も多いのではないでしょうか。

今現在、北朝鮮が発射したミサイルについて報道している局は一つ。そのあと午後の時間帯には2つの局が報道する予定みたいです。

今何が起こっているのか、テレビでの報道を超ざっくりまとめてみました。

(長文ニュースは苦手な方、時間のない方にお勧め!!すぐ読める!)




 

 

米本土まで射程圏内!?

 

北朝鮮の話によれば、最新型の核弾頭ミサイルの打ち上げに成功したとのこと。

高度は2000キロメートルにもおよび、飛行距離は800キロメートル。日本はもちろん、米本土まで射程圏内に入るとのこと。とはいえ太平洋をまたいでその向こうまで行くのか、と言われるとまだ信じがたい話。

ではなぜわざわざそんなことを言うのか。

アメリカとはかなり険悪な雰囲気の北朝鮮。トランプを煽っているようにしか見えません。

経済制裁を加えているにもかかわらず、中国が少し甘い姿勢を見せているがためにその隙をついています。

もともと厳しい姿勢を見せているアメリカと、大きな国際フォーラムを開いて成功させたい中国と、その様子をよく見て動く北朝鮮。

各国の北朝鮮への対応の足並みがそろわない限り、北朝鮮のペースにはまってしまうことは確実です。

 

ミサイルは最新型!?

今回発射された核弾道搭載ミサイルは、技術の向上した最新型と伝えられています。

最新型ともなると、今現在の迎撃技術では追いつかないことも分かっています。

イージス艦の迎撃システムは高度数百キロメートルまで、日本の迎撃は高度数十キロメートルまで。今回発射されたミサイルは、高度2000キロ。全く届きません。

ということは、もし日本めがけて発射してきた場合には成す術がにということになり、非常に脅威です。

だから私はこんな平日に家族がバラバラの時にどうしよう…..!!!

と少なからず危機を感じたのです。

 

中国にケンカを売った!?

いま中国では大きな国際フォーラム、一帯一路フォーラムを開催中。29か国の首脳と130か国の代表団が集まるという、今年最も重要な国際会議です。しかも、初開催。

そんな重要な会議に、中国は北朝鮮も招待していました。

その、開式の日に、こともあろうか北朝鮮はミサイルを発射。もうアメリカにだけでなく中国を挑発しています。

ミサイルや核を巡って圧力をかけている最中にフォーラムに招待したのは、国際社会に関与させることで北朝鮮の核開発にブレーキを、と思った中国。

そのフォーラムの開会の日に合わせてミサイルを発射してきた北朝鮮。

今後の展開が恐ろしいです。

戦争だけは、もうやめてほしい。

 

ものすごく簡単に書きましたが、つまり私たち庶民が心配なのはミサイルの国土着弾と、戦争の勃発。今まさに、緊迫状態にあるといってよいでしょう。

いつ何があってもよいように家族で話し合いをして、大なり小なり備えないと、いざというときに生き残れません!

備えあれば憂いなし

とは昔の人が言ったもので、備えておくメリットはあるけれど何も備えがない場合のメリットはゼロです。

むしろ生死にかかわること。

ミサイルが発射された今、今すぐに備えをするべきです!!

何かあってからでは、宅配もスーパーも機能しませんからね。。。。

我が家は即これ。もう届きました。本当はもう2セットくらいあった方が良いのでしょうが、とりあえず。

【リニューアル】これならイザというときも満足できます!5年保存の非常食・防災グッズを18種類セットにした【3日間満足セット】

 

いざというときにに備えよう!こちらの記事も合わせてどうぞ↓

災害に備えるということ ~ライフライン編~

災害に備えるということ ~食料編~

災害に備えるということ ~ペット編~