Pocket

電子レンジ、現代では必須アイテムですよね。
とっても多機能で使いやすくなってきている一方で、「電子レンジは危険」という記事も健康に敏感なあなたなら多数目にしているかもしれません。
そのような情報に対しても、「そんなばかな」でスルーしてしまう人、「そんな危ないもの使えない」と一切の使用を拒否してしまう人、「必要な時だけ使おう」とする人、様々です。

その辺ちょっと調査してみたところ、ネット上の記事は大半が

「電子レンジはなんか危険みたいだよ~使わない方がいいかもよ~」

という曖昧な雰囲気だけで書いているものから、

「電子レンジは危険、なぜならば電磁波がうんぬんマイクロ波がかんぬん~~」

という根拠をいくつか並べたものなど。
さらに、「電子レンジは体に悪い節」を根拠なく「売ってるものが健康に悪いはずない」とか「健康に悪いという研究のソースがない」などといって払拭しようとする記事もあり、何が何だか分からなくなっている人が多いのではないでしょうか。




きちんと、あるんです。根拠が。
電磁波と電子レンジに関する研究は、世界の様々な大学で行われてきました。
歴史の浅い電子レンジはまだまだ不明確なことが多く、それでいて圧倒的に便利な発明品であるがゆえに、利益に不利な研究結果は裁判によって弾かれてきたという歴史もあります。
さらに日本は電磁波対応の超後進国。電磁波の害についてはないものと同じようにされていますし、電磁波の害なんて言うと白い目で見られます。
電子レンジの話なんか、公に出るはずもありません。

では、その辺をちょっと詳しく書いてみましたので読んでみてください。

電磁波がなぜ軽視されているのか

「直ちに影響がない」
どこかで聞いたようなセリフですが、電磁波とはそういうもの。それをどれだけの人が知っているでしょうか。

電磁波の厄介なところは、人が病気になっても「電磁波の影響によるもの」と原因を電磁波だと特定されないところです
放射線なんかは、様々な経験を通して「被ばく」という言葉もあるように有害とされてきました。電磁波はどうでしょう?
「電磁波のせいで癌になりました」という証拠がつかめません。だから電磁波は悪いものとしての認識はないのです。

今電子レンジを使っても、今病気にはならない。

今電子レンジを使った方が便利なら、何も起こらないから使った方が時短もできるし楽ちんだ。

ほとんどの人がそう思っていると思います。

だから、「電磁波がやばい」と騒いでいる人は「放射能がやばい」と騒いでいる人よりはるかに色眼鏡で見られるし、できればばれずに対策したいと思っている人も大半ではないでしょうか。

特に子育て世代は、子どもの健康に敏感なママたちと、根拠のない(本当はあります)目に見えないものは信じないパパたちでぶつかる話を良く効きます。

電子レンジを思い切って捨てたお母さん、仕方なく新しい電子レンジを買ってきたお父さん、チンしようとするといちいち止められる子ども、などといった電子レンジ一つで家庭がぎくしゃくしてしまうような場面にも出くわします。

こうなってしまうと、一体何が正しいかわからないですよね。

だから、「ほどほど」に折り合いをつけて暮らすことが、このブログのテーマでもあり家族の幸せのヒントだと思っています。

それだけ、電磁波をはじめとする「新しく便利な人工的なもの」の人体への影響力って、直接的ではないのです。

では、まずはその「折り合い」を付けてうまく付き合うために、電子レンジについて知りましょう。

電子レンジの歴史は浅い

電子レンジに使用される電磁波のマイクロ波。これは第二次世界大戦中に、レーダー開発のプロジェクトで初めて使用されました。

レイセオン社のパーシースペンサー博士が、マイクロ波を使ったレーダーの研究中にポケットの中のキャンディが溶けていたことにアイデアをもらい、1940年代に電子レンジを発明しました。

他の電気製品もそうですが、まだ戦後からしか使用されていません。しかも当時は高価なために使用できる過程はあまりなく、電気製品が全家庭に普及し始めたのは本当にここ40年、50年くらいのことです。

ここで高齢者がどんどん癌を発症し、癌での死亡率が上がっていると言います。でもまだ、電気製品が及ぼす害については歴史が浅くてわからないというのがほとんどの人の見解です。

この先あと50年もすれば戦後に電化製品に囲まれて豊かに暮らしてきた人々がどんな病気で亡くなっていくかの統計も取れるでしょう。

でも、それまで私たちは待てません。歴史が浅いなら、自分で調べて気を付けるしかないのです。

「やっぱりだめでした」では、遅いのです。そういう「お試し期間」の時代に私たちは生きています。

お試し期間中に、早くも安全性が確認できなくなったのが原子力発電です。これはいい例で、絶対安全でクリーンと言われた新エネルギーが今、せかいで次々に廃止されようとしています。反対運動も起こっています。

 

マイクロ波の加熱によって変化する物質

様々な研究結果が残されています

カイロ大学生化学科の学部長・ラドワン教授の研究では、マイクロ波を2秒当てると食品の酵素をすべて破壊することを発見しています。また、マイクロ波を10分間当てると、今度はたんぱく質が新しい有害な形に変化し、食品の分子構造を変化させることがわかっています。

マイクロ波は毎秒数万回、正から負へと分子の極性を変えて食品の分子と相互作用します。この摩擦により熱を起こしているのですが、ここで食品の分子構造を傷つけてしまうのです。

このことで、食品の60~90%の栄養価を失います。とくにビタミンB12は大幅に減ることがわかっていますし、微生物と闘うフラボノイドの90パーセント以上を殺してしまうこともわかっています。

食糧と農業・化学ジャーナルの2003年11月号に載っている研究では、ブロッコリーを少量の水で電子レンジで加熱調理すると、抗酸化物質の97%を失い、蒸しただけのブロッコリーでは抗酸化物質の11パーセントしか失っていないという結果もあります。

 

血液や母乳も質が変化する

血液を輸血する際は37度(を超えない)に温めるとされています。実際室温の場合もあるようです。しかし、保存の状態(2~6度)から温めて電子レンジで加熱し、輸血した際に死亡したという事故が1991年アメリカ・オクラホマ州の病院で起き、訴訟も起こっています。

輸血の血液はレンジでチンしちゃいけないことは、なんとなく本能でわかりますよね。

でも、これといって電子レンジへの疑問を抱かず「チンしたら便利」と思っていれば、こういった事故も起こってしまうのです。

英語では「microwave」と、電子レンジのことをそのまま「マイクロ波」と呼ぶにもかかわらず・・・この事故は、電子レンジは少なくとも中身の構造を変えてしまうことが証明できる医療事故となりました。

さらに母乳をレンジで温めることへの研究もされています。

スタンフォード大学のジョン・ケルナー医師とリチャード・クイン医師は、「母乳をレンジで少しだけしか温めなくても、母乳中の免疫力を破壊する」と述べています。

 

レンチンした水をあげると植物が枯れる?

これも有名な実験です。

同じように育っている植物を二つ用意し、片方には水道水を、もう片方にはレンジでチンして冷ました水を毎日あげるというもの。

当然のようにレンジで温めた水の方が発育が悪い、または枯れるという風にSNSで拡散されました。

が、すでに拡散された情報は間違っていた、ねつ造だという話が広がっています。実際に同じ実験をした人たちが、何も変わらないと証言しているのです。

こうやって、目にした情報を自分で検証するのはとても良いことですよね。しかしその元の情報そのものが違っていたとしたら。。。

実はこの、「電子レンジの水は植物の発育を促さない」、という話が出てきた本来の実験は、「発芽の実験」でした。

2つの植木鉢に種をうめる。

15秒電子レンジで加熱した水をひとつに、もう片方には水道水で水やりする。

電子レンジで加熱した方の植木鉢は発芽しない。

という実験です。

 

人体実験の詳細と訴訟の歴史

これまた有名な研究に、スイスの生物学者ハンス・ウルリッヒ・ハーテル博士の研究があります。

ハーテル博士の研究は、企業により隠され詳しいことは出回っていません。その結果、根拠なく出回っている情報としてネットでは信憑性が薄いとされてきました。

 

博士はスイスの食品会社で食品科学者として働いていましたが、マイクロ波加熱による食品の変性と、その処理手順に疑問を投じていたために解雇されたという経緯があります。

彼の研究はスイス連邦工科大学のバーナード博士、さらに生化学の大学研究所の援助を借りて研究を行いました。

サンプルは8人。期間は8週間。断続的に電子レンジで加熱された食品を食べ、毎食後血液サンプルを採る。

今までに日本のネットで出回っている情報は、これだけでした。博士たちが、どんな結果を導き出して来たのかあいまいなままだったのです。

それは、以下の博士たちの研究結果に対し、それを隠そうとした世間のせいだといえます。

 

まず、博士たちはその研究結果をジャーナルフランツウェーバー第19号にこのように掲載しています。

電子レンジで調理した食品の消費量は、血液に対して発がん性があった。マイクロ波にさらされた場合、(食品の)暴力的な変性が人体に発生する可能性があり、電子レンジで調理した他の食品の分子にもみられる。

電子レンジで加熱した多くの食品解凍・調理の研究は、多くの食品の分子が発がん性物質になったことを示した。冷凍食品のグルコシドとガラクトシドの存在は発がん性物質に変換される。野菜の植物アルカロイドは、発がん性物質に転換された。電子レンジで加熱されたシリアルや牛乳は、そのアミノ酸のいくつかが発がん性物質に変換された。

このような内容を含んだ研究は、1991年に出版されました。しかし電機業界を牛耳るディーラー・スイス協会は翌年に行動を起こします。セフティゲンの裁判所長官であるカントン氏は、博士たちの研究に対して「箝口令(かんこうれい)」を発行する、つまり「このことに関しての発言を禁ずる」という命令を下すことにまでなったのです。

さらに翌年1993年、ハーテル博士は「商業の干渉」で有罪判決を受けました。そしてもちろん研究結果を発表することは禁止されました。

この判決と闘い、自身の研究結果を主張し続けたハーテル博士は1998年のストラスブールで下された判決で逆転を収めましたが、最終的に国側がハーテル博士に40000フラン支払うよう命じたのです。

(参考 エッセンシャルオイル・デスク・レファレンス P496-497 電子レンジ調理 科学的事実 和約)

ソ連が電子レンジの販売を禁止していた?

これも、ネット上では様々な人たちが1980年代にロシアの電気製品カタログに電子レンジが乗っていたことを指摘し、デマの情報ではないかと議論があります。

しかしこれも本当です。冷戦時代の1976年に電子レンジの使用を禁止するというちょっとした期間の出来事でした。

ただ、ソ連と電子レンジについてはこれしかわかっておらず、研究も正式に発表されていないため、なかなか真実かどうかが怪しいと思われているのではないでしょうか。

実際に、アメリカの研究者ウィリアム・コップがロシアとドイツの電子レンジについての研究結果を多く収集したために、起訴されています。

知っての通り、ロシアの電子レンジの使用禁止はすぐに解かれ、今現在は使用を禁止している国はありません。

 

あとは自分で決めよう

今のところ、簡単にまとめるとわかっているのはこんな感じです。

もっと多くの研究も結果もありますが、読んでいてもよくわからない専門的な分野で、とにかくなんか物質が変わったりするようなことが書かれていて、記事にすると読むのが困難なので省きました。

でも、上に書いただけの情報でも十分にわかると思います。

これを読んでもなお気にしない人は気にしないですし、気になる人はできるだけ使用を控える。

ただ、私が伝えたいのは多くの人々は知識がないために選択できない、ということです。便利さは知識よりも優先され、都合の悪い話はたいていスルーされます。

「直ちに影響がない」

のであればなおさらです。

私達はとても忙しい日々を送っています。それに、電気製品に助けられることは多々あります。便利でありがたい生活を送る中で、私たちが使う電気製品とも折り合いをつけていかなくてはいけない時代です。

自分が許せる範囲で、使う。「できるだけ」、使わない。

一人暮らしならまだいけますが、家族がいるのに完全に撤去したりするのは押し付けですから、それはやめましょう。

家族にも知識は伝えるけれど、家族が使う分には口を出さない。

その分、他のところで気を付けましょう。何も電子レンジ一つが悪者ではありません。生活をトータルで、考えること。

ゆったり、ゆるく、心がけることでずいぶん違ってきます。

 

外部対策ではこんな製品もありますから、使ってみてはいかがでしょうか。