Pocket

主人が、突然脂質異常症と指摘されました。

ものすごく太っているわけでもなければ、具合が悪いわけでもありません。

それでも就業のための健康診断の結果はD。危うく就業できないところでした。

「脂質異常症を認めます」の文字の横には「要精密検査」の文字が。

調べてみると、脂質異常症は悪玉コレステロール値が高く、、今できることは食事療法と運動くらい。

今の今までA判定しかもらったことのない主人は、それなりにショックを受けて何が原因かを辿っていきました・・・・

言うまでもなく。原因は「空腹ではない時間の飲食」

あれよあれよという間に太った主人の体重は、結婚当時より10キロ増。

まあそんなもんでしょという男性も多いかもしれませんが、それって結構異常ではないですか?

ヒョロヒョロの男性が、マッチョに変身して10キロ増!!

とかなら全く構いませんが、ほとんどの方はでっぷり出てきたお腹が原因でしょう。

それを裏付けるように、脂質異常症と言われる人は、205万人以上もいると言われています。

国民の男性は約22%、女性は約17%にも上ります。

男性は5人に一人が脂質異常症??

みんなそうなんじゃん!って、安心している場合ではありません( `ー´)ノ

脂質異常症は自覚症状がなく、静かに進行していき、ある日突然動脈硬化や脳卒中や心筋梗塞の発作が起こりうるのですから

どうりで死因の上位に、それらが上がってくるはずですよ・・・コワいコワい

で、主人が考えた結果の原因は、深夜のチューハイとスナック菓子。当たり前すぎて言葉が出ません(;’∀’)

私は、それにプラスして

「お腹が空いた」といった主人の脳の勘違いも含まれていると思っています。

生活習慣次第で何とかなるのが脂質異常症。今なら何とかなるぞってところ。

主人が食事において改善しなくてはいけないことは、

深夜の飲食・・・激務からのガッツリご飯

なんとなくつまみ食べ・・・食後の「お腹空いた」

●疲れたと言って運動しない

の3つです。これは、かなりの人と共通していると思うことなので一緒に考えてみてくださいね。

脱・脂質異常症!脱・深夜の飲食。

ひとは、寝る時間になると消化器官もお休み体制に入っていきます。当然ながら、夕飯は就寝の3時間前までに済ませるのが理想的です。消化器官が働き終わり、しっかり体を休めることに専念するためにも、これは守りたい所。

ところが激務により夜遅くにしかご飯を食べれない人もたくさんいますよね。

そんな時はがっつり食べたいのを抑えて、消化の良いものを食べるというのがセオリーです。

そして、朝ガッツリ食べましょう。

深夜のガッツリご飯は若い時ならまだしも・・・30代、40代になってなお「激務からの深夜のガッツリご飯」を繰り返している人は、今後「脂質異常症」と言われる確率が高いでしょう。

念のため書きますが、我が家の主人のように「深夜のチューハイとスナック菓子」は論外。

しかも何の栄養もない糖分の飲み物と、何の栄養もない悪い脂の食べ物。

脂質異常症でない方が異常です( `ー´)ノ

脱・脂質異常症!脱・なんとなくちょこちょこ食べ。

食事をしてからちょっとしかたっていないのに、すぐに「お腹空いたから何か食べる」という主人。

昼食・夕食の後によく言います。

食べたばかりで、胃のなかが空っぽなわけがない。ということは、「脳が満腹ではない」ということですよね。

よく考えてみると、主人は子どもが周りでガヤガヤしている時に食事をすると、食べた気がしないようなんです。

そう、この「食べた気がしない」がキーワード。食べてるのにね。

初めは、脳が勘違いしているんだと話していましたが、ある本を読んでからこれだ!と気づきました。

しっかりと自分のご飯と向き合えない。

料理の正面に座れない。

食べる快感を噛みしめて食事ができない。

五感を食事に集中して使っていない。

そうすると、「食べた気がしない」からご飯の後に自分が「食べた気になる」ための何かが食べたい・・・

こんな感じでしょうか。

もう一つ思い当たるのは、主人は炭水化物が大好き。ご飯を飲むようにして食べていきます。

これって、急にたくさんお米を食べるから血糖値が急に上がっているんだろうなあ、血糖値が下がった頃に「お腹が空いた」と勘違いして、また何か血糖値をあげる何かを食べたがるんだろうなあ・・・

なんて中毒的な何かだなあと、思っていたんです。

「ゆっくり噛むこと、野菜を始めに口にすること」

を心がけるように話しても聞く耳もたず。脂質異常症と言われてから、ようやく耳を貸すようになりました。

遅いっちゅうの。

よく、「お腹が空いた」と思ったら

リンゴを丸ごと一個食べられるか考えて、食べられないと思ったら空腹ではない( `ー´)ノ

とか、

その場で10秒ダッシュすると、空腹感がなくなる( `ー´)ノ

とかって言いますよね。

まさに、主人は脳が勘違いしている状態なので、いつもこれが当てはまりました。

脂質異常症、まずは食事に満足感を得るところから。

テーブルマナーオタクと自ら言ってしまう小倉さんの本(私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」たべているからかもしれない)を読んで、まずは主人の食事環境を整えようということに。

栄養バランスはもちろん毎日考えていますから、あとは本人次第。

夕食はなるべく子どもたちを遠ざけ、食事に集中できるようにしました。子どもがいなけりゃいないで本人はスマホを見ながらのながら食べが多く、それも禁止。

とにかく「食事に集中」してもらいます。

もう一つは、無添加の青汁を食卓にプラス。

血糖値が急に上がりやすく、下がった時に「お腹空いた」と勘違いしてしまいうのを防ぐべく、しっかり血糖値をコントロールしてくれるようなものをえらびました。

これを飲むことで、自分で「満腹感」と「空腹感」がコントロールできるようになってくれたら、一石二鳥ですよね。

それができればもう痩せるんですけどね・・・

選んだのは、厳選青汁プレミアム

まさに脂質異常症にピッタリのサプリメントです。

血糖値を抑えるというところが、主人にとっては大切なところ。

粉末もとってもいい香りで、ブレンドされている抹茶がふわっと香ります。

100mlの水で割ってくださいとありますが、物凄い濃い色です。いかにも濃厚、、、とおもいきや、ほとんど苦みがありません!

青汁と言えば「まずい!!もう一杯!!( `ー´)ノ」のCM。これが頭に入っている人にとっては、「苦くないなんて大丈夫なの?」「まずくないってことは、薄いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、苦くないのだから仕方がない(笑)

サラサラと飲めて、食事中のお茶のような感じで毎日飲めちゃいます。余分な添加物は一切なし。原料も全て国産の安心の商品です。

 

しかも、大麦若葉は無農薬。
<機能性表示食品>中性脂肪や血糖値を抑える【厳選青汁premium(プレミアム)】
通販商品なのに、石田純一さんが広告に出ているんですね~( ´∀` )

同じく脂質異常症の疑いがある人や、深夜にガッツリ食べる人は、厳選青汁を試してみてください(*’ω’*)

とにかく脂質異常症は、早く取り組むことがカギ。放っておくと、放っておいた分だけ、他の病気へとどんどん進行していってしまいます!!