Pocket

生理痛は酷い方ですか?
毎月辛くて困っていませんか?
実はそれ、子宮の冷えが原因かもしれません。
今あなたが使っている石油系の使い捨てナプキンは、化学物質や吸水ポリマーのせいで良いことが一つもないんです!



経皮毒とは?

普段、化学物質がどこから入り込むか知っていますか?
口から取り込む食べ物はもちろんですが、息を吸うことによって大気中の化学物質を吸い込んだり、毛穴や「皮膚」からも吸収されます。
化粧品が「浸透する」と言いますが、それと同時に化粧品の化学物質も「浸透する」と考えて頂ければ、お判りでしょう。

助産師さんが赤ちゃんを取り上げた時に、赤ちゃんからシャンプーのにおいがするという話、聞いたことありますか?
毎日お母さんが使っているシャンプーの香料が、一番”溜まりやすい部分”に溜まってしまったという話です。

まあこれは本当かどうかは置いておいて、現代社会でアトピーやアレルギーの原因の一つとされているのがこの化学物質であることに間違いはありません。
この「経皮毒」という言葉は、このように皮膚を通して化学物質を吸収してしまうことで、薬学博士・稲津教久 氏によって作られた言葉です。
いまでは、だいぶ石油化学製品に対する認識も広まって、この「経皮毒」という言葉も浸透してきたのではないでしょうか。

シャンプー、洗剤、化粧品の化学物質

もうあなたが知っての通り、これらの中にはかなりの種類の香料、防腐剤、界面活性剤、保湿剤、色素などの化学物質が組み込まれて作られています。
毎日使うものですから、一日に使う量は少なくても1年間に使っている量は多量です。
いうまでもなく、これらの化学物質がアトピーやアレルギーを引き起こしています。

私達の身体は、皮膚の角質層がシールドとなって外の世界からの有害物質から肌を守っています。
しかし皮肉なことに、洗浄成分の強いボディーソープやシャンプーによってそれらのバリアとなる脂を流してしまっていることがほとんどです

我が家の次男がアレルギーで、何に反応しているのかわかりませんがよくプツプツ゚ができてかゆがります。

その時に「洗剤を石けんに替えなさい」とお医者さんに言われました。
そういえば、「赤ちゃん用洗剤」ってありますよね。なんで、大人用と別にしているのかはわかります。
赤ちゃんは肌が弱く、バリア機能もありません。外からの刺激に弱いので、刺激のない洗剤を使います。

ここで気づきますよね。
大人なら、刺激が強くても大丈夫なのか。わざわざ、赤ちゃんの肌荒れしそうなものを大人は使うのか。
おかしいですよね。

では、この化学物質を一番吸収しやすい(吸収率の高い)部分はどこでしょう?

実は、股間の部分、つまりは性器の周りなんです。

デリケートな部分に使われる化学物質

各部分の吸収率を見てください。これはあるステロイドを作る製薬会社が公表したステロイドの吸収率です。

腕の内側を1とします。

かかと 0.14倍。

手のひら 0.83倍。

わきの下 3.6倍

頭 3.5倍

おでこ  6倍

あご 13倍

背中 17倍

性器 42倍!!!

 

お判りでしょうか。おむつや生理用品、コンドームなどは性器に直接触れる化学製品です。

さらにボディソープや入浴剤なども性器に触れます。

ステロイドとは違いますが、吸収率は参考になると思います。

 

このデータ自体がステロイドに対しての吸収率なので、薬や生活用品は違うものだから多少は違ってくるでしょう。

しかし他のところは何とか無視したとしても、性器からの吸収率はもはや無視できないものになっています。それだけ、ステロイドだけでなく何か物質を「吸収しやすい部分」だと考えられるでしょう。

 

お股に直接当てる「おむつ・生理用品」の吸水ポリマーが冷えの原因に?!

女性で、ひどい生理痛や筋腫などの「子宮に関する症状」は、この石油系ナプキンが原因の一つであることは多いです。

特に化学物質に敏感な体質の人(肌が弱い人は、間違いなく化学物質過敏でしょう)は、生理中の体調不良はナプキンが原因かもしれません。

「生理だから具合が悪い」ではなく

「生理ナプキンが具合を悪くしている」

可能性も考えてみてください。

さらに、ナプキンやおむつに使用されているポリマーは水分を含んで膨らみますが、同時に性器を冷やします

女性であれば容易に想像つくと思いますが、性器が冷えるということは=体が冷えるということ

なかなか改善しない冷え性はそこからだったのかもしれません。

生理痛がひどい時、カイロをお腹に貼るとかなり緩和されますよね。

また、今「ヨモギパッド」が流行っているように(製品自体の化学物質は置いておいて)、中の子宮を温めることが、冷え取り・生理痛の緩和につながります。

市販の使い捨て生理用品はその逆の効果です。

赤ちゃんのおむつの黄色いラインが、おしっこでパンパンでなくとも青色に代わるのは、そういう意味で親切だと思っています。

パンパンになってからでは体はポリマーに冷やされ、冷え冷えです。

毎日凄い勢いで発育している赤ちゃんのおまたが冷えていると思うだけで、恐ろしいです。

 

少し、試しに替えてみよう 布おむつ・布ナプキン

今これだけ布おむつが見直されたり、布ナプキンを使う人が増えてきた背景には、こういった化学物質の影響が出てきたのが自分たちで実感し始めた人が多く出てきたからです。

もちろんゴミが出ないという観点から環境へのメリットでもありますが、少し前から

敏感肌、アレルギー体質と言われるような、化学物質に敏感な人たちがこぞって布製品にシフトしています。

市販のナプキンだとかぶれてしまう、という理由から布にしている人もいますし、深刻な子宮の病気で助産師さんに勧められて布ナプキンにした人もいます。

さらにおむつに関して言うと、長女が通ってい市の認可保育園は園内では布おむつ使用でした。

当時は「濡れて気持ち悪いじゃん!!」と思ったものですが、今となっては少しでも赤ちゃんのお股から入ってくる化学製品が少なくて済み、娘の子宮が守られたと思うと感謝しかありません。

しかし、敏感肌でもなくアレルギーもない人は、残念ながらなかなか化学製品を避けようと思うところまで行きません。

その害に気づく機会がないんです。

私も、実は次男のアレルギーで通院して話を聞くまでは、

「化学製品何ぞ使ったって死なん、便利なもんは便利なんじゃ」

くらいにしか思っていませんでした。苦笑

だから、敏感肌でもなくアレルギー体質でもない人は少しづつ少しづつ排出しきれなかった分が溜まっていき、大人になってから体調を崩していきます。

ちょっとでも子宮の不調や生理時の負担が重い人は、できるだけ早く試してみてくださいね。



 

みんな始めている「布生活」。娘を持つママは揃えてあげたい。

布ナプキン、布おむつ。これだけの効果がわかっているなら、将来の娘の身体のためにもそろえてあげたい。

もちろん自分自身のケアにも。

吸収率の高いお股から化学物質を吸収しないようにするだけでなく、肝心の「冷え」取りにとても有効です。

そして何より大人より吸収率が高く、排出機能も育ち切っていない赤ちゃんにはできるだけ布おむつが必要です。

ここでのポイントは「できるだけ」。

毎回、毎日布では、疲れちゃいます。自分のペースに合わせて「布生活」始めましょう♪

まずは冷えとりから。

妊活女性は必須アイテム!

自分の身体を思いやって。







布ナプキン生活をサポート!学べる使える。

何が正しいか、大丈夫なのか、初めて布ナプキンを使う人にとっては不安がいっぱい。

使えば手放せなくなる布ナプキン、その良さを伝えてくれる

「布ナプキンアドバイザー」

という存在が、布ナプキン生活を支えてくれます。

布ナプキンの良さがどんどん伝わってきますよ。

ブログ必読です。

s.ameblo.jp/jingukaori/

布ナプキンについては、こちらもどうぞ↓

娘が初潮を迎える前に。初めての生理の準備と、知っておきたいこと