Pocket

今日スーパーでふと見つけたこちら。

ん?無添加ラップ??

よく見ると、「粘着付与剤等を使用していません」だと?

うすうす気づいていたものの、便利だし特に気にしなかったプラスチックラップ。

「サランラップ」という商品名がプラスチックラップを指すことのように浸透しているほど、みんなが普から段使っているものです。

「くるっ くるっ クーレラップー♪」というおかっぱの女の子が出てくる可愛いCMも最近は流れているので、クレラップ派もいるかもしれませんね。




産まれた時からあるものって、あまり疑いを持ちません。

でも、ふいに

「無添加ラップ」

なんてデカデカと書かれたものを見つけてしまったら、

「じゃあ 無添加じゃないラップは何か不都合があるのかしらん??」

とか考えてしまったのです。

そんなこんなでとりあえずこの無添加ラップを買ってきました。

サランラップの原材料ってなんだろう?

この無添加ラップは、原材料が「ポリエチレン」のみ。

スーパーのビニールや洋服など、いたるところに使われているプラスチックです。

一方のサランラップは、原材料が「ポリ塩化ビニルデン」

その下に添加物「脂肪酸誘導体(柔軟剤)、エポシキ化植物油(安定剤)」

と書いてあります。

添加物、使ってたんだ~。

直接食品に触れる場合は、避けたいところ。

しかもそれを電子レンジでピピっとするなんて、持ってのほか。

(レンジで「チン」、ではなく「ピピ」っと言って見ました 笑)

「電子レンジの電磁波で危険」は嘘?本当?海外の論文などで真実を探ってみました

でも、無添加ラップはやっぱり使いにくい。くっつかないし、切れにくいし。

そこで思い出しました。

以前、アメリカの友人がBeeEcoWrapというものを紹介してくれたことを。

BeeEcoWrap ビーエコラップって何??

オーガニック認定を受けたコットン、ミツロウと、コールドプレス製法のホホバオイル、木の樹脂から作られている、オーガニック素材のフードラップです。

公式HP BeeEcoWrap 地球にやさしく、プラスチックを使わないラップ

すごいデザイン豊富で可愛い!!

これがラップ??と思うほど、可愛いデザインがたくさんあります。

 

見ているだけでも楽しくなりますが、実際に残りものにササっとかけただけでも、キッチンが楽しく可愛くなってしまいます♪

テーブルに置きっぱなしの残りものだって、インテリアに大変身♪(うちだけか?)

サイズや種類も豊富で、選びきれずに困ってしまうほど。

きちんと使えば平均で1年間は繰り返し使えるという事なので、少しづついろんなデザインを増やしていくのも楽しいですね。

お取り扱い上の注意
  • お水で洗って下さい。(お湯は使わないでください)

  • 環境にやさいしい洗剤を最小限の量でお使いください。

  • 自然乾燥の上保管してください。

  • 熱に当てないでください。

  • 電子レンジでの使用は出来ません。

  • 油っぽいもの、生肉/魚への直接の使用は推奨致しません。(熱湯洗浄が出来ない為。器に入れてお使いください)

  • 酸性の強い食品(例:柑橘類(レモンやライム)・パイナップル)への使用は避けて下さい。(酸がミツロウを解かしてしまいます)

 

環境にも優しい!

プラスチックとは違い、100%分解され、たい肥にもなるというBeeEcoWrap。

分解されずにゴミとなる上に、燃やすとダイオキシンを発生させるようなプラスチックラップとは違って、地球を全く汚すことなく、土へ返すことができます。

それに、お手入れしながら丁寧に使うことで何回も使用が可能。

使い捨て商品があふれる中に生きてきた私たち。使っては捨てる、が当たり前の現代ですが、少し立ち止まってひとつの「モノ」に長く愛情をかけてみるべき時なのかもしれませんね。

 

直接食べ物に触れても安心

何といっても、私たちの口にするものに触れているものが安全でなければいけません。

BeeEcoWrapはすべての原料がオーガニック素材なので、果物の切り口やおにぎり、飲みかけのコップにかけておくなどして使いたいですね。

しかも原材料のホホバオイルとミツロウには高い抗菌性があるので、天然の力で包んだ食べ物を守ってくれます。

とても心強いですね!

小さなお子さんがいるおうちは、プラスチックラップでおにぎりを包んだり果物の残りを包んだりする機会も多いですよね。

お子さんの口にするものには気を遣っていても、ラップの事を忘れていませんか?

添加物が食品にベタっと移ってしまうその前に、BeeEcoWrapを試してみてください♪

親子遠足に、クリスマスパーティに。持って行ったら、ものすごくオシャレで映えますよ💛

 

買えるのはこちら

スーパーでちゃちゃっと買えるわけではないBeeEcoWrap。

オンラインショッピングができる時代で本当に良かった!!