Pocket

長崎の爆心地から生還した医師、秋月氏の逸話と記録

1945年の8月9日に長崎に原爆投下。爆心地からわずか1.8kmのところで浦上第一病院・当時の聖フランシスコ病院の医師であった秋月辰一郎氏はと病院の関係者は言わずもがな被爆しました。
しかし、病院のスタッフとして次々と運ばれてくる患者たちの手当てに追われた日々を「長崎原爆記 被ばく医師の証言」「死の同心円 長崎被ばく医師の記録」にこう記しています。

そこで彼は、焼けただれて水を欲しがる患者に
「水を飲んではいかんぞ!」と大声で怒鳴っていたと言います。



さらに、秋月氏は
「爆弾を受けた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩を付けて握るんだ。
塩辛いみそ汁を作って毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対いかんぞ」と職員に命令しました。

医師の直感で、重症の患者には血液の濃度がある程度必要であり、水を飲むと血液が薄まってしまいすぐに死亡するという経験からでしょう。水を飲ませませんでした。

また、レントゲン後にまれに起こる放射線による症状で、全身倦怠感などの症状に塩水を飲むということを応用し、大量の放射線を浴びた患者たちには塩を、と機転を利かせたようです。

みそ汁の具はカボチャやわかめであったということ、佐藤は秋月氏の

「砂糖は造血細胞に対する毒素である」

という考えのもと、被ばく患者にとって最善の栄養をとらせたのです。

病院のスタッフには、多少の下痢症状はあったものの、ほとんど被ばくの症状は出ずに、しかも長年生き延びていました。

爆心地からわずか1・8キロ。普通なら被ばくによる症状は進行し、死に至るところを、何事もなく生きながらえていたのです。

1986年のチェルノブイリ原発事故後には、秋月医師の話が翻訳され、ヨーロッパ中で味噌を中心に発酵食品に

「発酵食品は放射線防御の力がある」

として注目を浴びました。

ヨーロッパでは味噌がものすごいブームになったのです。

この話はデマ?いいえ、研究結果が証明しています

原爆後しばらく、実体験に基づい証拠があったにもかかわらず科学的に解明されていなかったため、「味噌が放射線に効く」といった話は長らくデマとされる場面もありました。

衝撃の生還劇がそこにあっても、人々は科学的な裏付けがないとなかなか信用しないものです。

そこで渡邊敦光博士・広島大名誉教授が行った動物実験が、みその持つ力を一部解明しています。

 

味噌入りの餌を与えたマウスと、普通の餌を与えたマウス。

両者に強い放射線を照射して、その後の経過を調べた研究です。

普通の餌の方のマウスは10日を境に次々に死亡、しかし味噌入りの餌のマウスの多くは生き延びていたのです。

その後の研究で、みそに含まれる「メラノイジン」という成分が腸内の乳酸菌を数十倍に増やすことがわかりました。

腸が乳酸菌で活性化さえ、免疫力をあげたことにより、放射線から体を守ったと考えられています。しかもメラノイジンは味噌の中でも良く熟成したものの方が豊富に含まれていることもわかっています。

 

さらに同大学の伊藤明弘・原爆放射能医学研究所教授も「味噌による放射性物質の排泄効果」を発表しました。

味噌に含まれている様々な酵素が強い解毒作用を持っていて、体外に排出する働きをしていることが分かったのです。

日頃から放射線被ばくに負けない免疫力を高める食事をとる

これらのことから、多少の放射能汚染には負けないような免疫力を食事で付けておきましょう。

ヒトの免疫細胞の80%ほどは腸にあるとされています。腸の働きを強めていくと、体の免疫力も高まり、毒素の排出の機能も高まるのです。

ここで、パルシステムの放射能レポートから薬剤師・境野米子さんのお話を引用させて頂きます。

境野さんが発酵食品に着目したのは、自身の経験から。30年ほど前、体の免疫機能が乱れてしまう「膠原病(こうげんびょう)」を患い、全身の不調に悩まされました。その治療の際、食事療法を大切にしました。玄米がゆや豆腐、根菜の煮物などミネラルや食物繊維が豊富な食材を取り入れ、発酵食で腸の働きを整えることで、病を克服したのだそうです。

中略

発酵食品を食べて腸を活発化し、免疫力を高めることが放射線やがんに負けない体にするのに役立つと考えたのです。

どんな発酵食を選んだらよいのか

今の時代、自家製で漬物を作っている家庭は少ないですよね。

一番簡単な発酵食は納豆です。また、今流行の塩麴なんかも手軽に採れます。

ポイントは、「本物を選ぶ」「手軽に食べる」こと。

発酵食とは、微生物の働きで作られた食べ物です。生きた微生物が含まれています。

しかし、インスタントみそ汁や化学調味料で味付けされた漬物などは、生きた微生物がいません。

毎日の食卓に一回だけでも、一品だけでも、手作りの味噌汁や無添加の漬物、塩麴漬けの魚や納豆・キムチなどを口にしてみましょう。