Pocket

市民メディアが贈る、テレビでは話せない真実を放送するバクロスTVの第4弾です。

内容は「今、種が危ない!」

理科の苦手なひとにとっては、なかなか難しい話になっています( ;∀;)




野口氏の話を聞いていたら、なぜか私は宮崎駿氏の「シュナの旅」を連想しました・・・

話はそれましたが、現在出回っている野菜の種は、「F1」という雑種であることを初めて知りましたし、遺伝子組み換えがどんなものかも今回初めて知りました。
「よくわかんないけど、遺伝子組み換えって良くないんでしょ?」
という人は、
「遺伝子組み換えって絶対だめじゃん」
に意見が変わると思いますよ(;”∀”)
そもそも、原材料の部分に「(遺伝子組み換えでない)」と書かれている商品がある時点で、あぁダメなんだなって思いますよね。
なかなか庶民が対処できうる話ではなさそうですが、こうやって在来種の種を守ってくれる人がいること、遺伝子組み換えの危険性などを知っておくことについては、非常に有益だと思います。
今回は私がごちゃごちゃ書くより、番組を見た方が早いです 笑
そして同じくシュナの旅を連想する人がいるのではないかとちょっと期待( *´艸`)