Pocket

もうすぐ夏本番ですね!今まではぎりぎりエアコンを我慢していたお宅も、そろそろ使い始めたお宅も、夏の電力消耗に向けてできる限り節電しておきたいものです。電気代が怖いですから・・・

そこで、最近気になる情報が流れてきました。



あなたのおうちの電気メーターは、以前のアナログ式ですか?それとも新しい形のスマートメーターですか?

実はこの新しいスマートメーター、いろいろな情報が入ってきていて、知っておきたいことばかりでしたのでメリットデメリットの両方の点から紹介していきます。

スマートメーターとは?


写真は日本で導入されているスマートメーター。

そもそも今までのアナログ式電気メーターで消費者は不都合がなかったはず。それでも莫大な交換費用を投資してまで全世帯の電気メーターをスマートメーターに帰るというのですから、なにかしら役に立つのでしょう。

消費電力の”見える化”=省エネへ

まず、今までは月に一回検針に来て計測し、電気量を算出していました。

スマートメーターは使用電気量が通信で30分毎に計測し、「でんき家計簿」で”見える化”することで、よりそのご家庭に合った電気料金プランを適用できる、つまりは省エネにつながります。

たしかに、自分たちで電気量が目に見えてしまえば、

「アッ 昨日すごい使ってる!なんで?」

って振り返ることができて、気を付けることができますよね。

でも1か月検針だと、

「今月えらい高いな~なんでかな~」

で終わってしまいます。

そして、電力会社もわざわざ検針に出向く必要もなくなります。

 

自動通信による、手続き簡素化

これは、ほとんどの人が経験していることだと思いますが、引っ越しの際は水道ガスと、電力会社の人を呼んで通電や停止の立ち合いをしなくちゃいけないですよね。

でもこれが、通信でできるので立ち合いがいらなくなるんです。

おうちの全体のアンペアを変えたいときも、これでちょちょいのチョイでできますから、

「後日伺います」っていう憂鬱な訪問もなくなるわけです。

さらに、停電時は、どの地域がどんな状態か、通電の様子がすぐに確認できるので、復旧作業がスムーズにできます。

これは助かりますね!

 

スマートライフの提案

東京電力HPには、スマートライフについてこう書かれています。

東京電力エナジーパートナーが考えるスマートライフとは、「知恵を使って、小さな力で便利で豊かな暮らしを実現する」こと。

小さな力には、エネルギーの省力化という意味と暮らしの手間・労力を小さくすることも含めています。

大切にしたい暮らしを想像してください

今よりもちょっと便利で快適な暮らしを実現するために、東京電力エナジーパートナーがお手伝いします。

とても素敵な提案です。未来に地球を守るために、現代人に絶対に必要な思考ですよね。

アメリカ人によーく聞かせてやりたいです。

 

トランプ氏批判のマクロン氏が流行を生み出す!?”Make our planet great again” Tシャツが流行!

 

では、皆さん「大切にしたい暮らしを想像してください」。

ささやかなぜいたく、家族の健康と笑顔。

これさえあれば、幸せだと思います。

ね。家族の健康と笑顔。これを守りたいなら知っておくべきこと。それは、スマートメーターが出している電磁波の影響です。

 

スマートメーターが出す電磁波と影響

どんな影響があるの?

電磁波って聞いたことがある人がほとんどでしょう。

最近になって、電磁波の害が叫ばれるようになりましたが、そんなこといってもほとんどの家庭にテレビや電子レンジはあるし、ほとんどの人が携帯電話やスマートフォンを持ち、Wifiルーターを設置し、多数の人がパソコンで仕事しています。

もはや生活と切り離せない電磁波ですが、今スマートメーターを先に導入した海外から健康被害が多数訴えられているんです。

これはもう、強力な電磁波を出すスマートメーターを設置したことで、毎日それを浴び続けることにより「大切にしたい暮らし」を守れないモノになり得る、ということなんです。

海外からの記事を見てみましょう。

(太字がスマートメーターによる影響、和訳は簡単にしたもの)

 

I had no idea that a smart meter would pose a hazard to my health when I agreed to let them install one on my home. Shortly after the smart meter was installed my health took a terrible downturn. I began having heart palpitations, trouble sleeping, unexplained anxiety attacks, dizzy spells, nausea and fatigue. I have been battling anxiety for months and I had no idea why. I’ve never had these types of symptoms plague me like this before. Then I found out that so many others have had the same reactions to smart meters in their homes and neighborhoods. Smart meters need to be outlawed and all of them must be removed at once. There are enough toxins in our food and the environment without this happening too.

スマートメーターが導入されてすぐに、私の健康は悪化し始めました。

動悸、睡眠障害、予期しない不安発作、めまい、吐き気、疲労感を感じ始めたのです。

しばらく私はなぜだかわかりませんでした。以前までこんな症状が出たことがなかったのです。そしてスマートメーターを導入した近所の人たちに同じ症状が出たことがわかりました。スマートメーターは今すぐ取り外されるべきです。

 

Ever since the Smart Meter was installed in my home in California, I have experienced major interruption of my sleep…..waking up several times during the night with feelings of agitation and unable to go back to sleep right away – sometimes I lay there for an hour or more – and sometimes I am so restless that I have to just get up!! (even if it’s in the middle of the night).
I also, frequently experience tingling sensations in my lower legs through-out the day and night along with pulsating “siren-like” noises in my ears.
I never experienced any of these problems BEFORE the Smart Meter was installed. I always considered myself very fit and healthy, and could always sleep through-out the night!!!

スマートメーターが導入されてから、睡眠障害を経験するようになりました。不安とともに何回も目が覚め、すぐに眠りにつけません。それは一時間以上続くときもあります。そして神経が昂りすぎて、起きなければいけないのです(たとえ夜中でも)さらに、頻繁に足に刺すような痛みが走ります。そして昼も夜もサイレンのような拍のあるノイズが聞こえるのです。

スマートメーターが導入されるまではこんなことありませんでした。いつも健康に気を遣っているし、いつも夜通し眠れていたのですから!!

Smart Meter Health Complaintsより

(クリックで他の体験談も読めます)

 

本当に電磁波のせいなの?

いくつかの研究結果はありますが、今回はひとつご紹介します。

以下は動画付きで医師からの警告としてサイトに出ていました。英文だけ引用しますので、興味のある方は元サイトまで行ってみてくださいね。

Dr. Carpenter states, We have evidence…that exposure to radiofrequency radiation…increases the risk of cancer, increases damage to the nervous system, causes electrosensitivity, has adverse reproductive effects and a variety of other effects on different organ systems.  There is no justification for the statement that Smart Meters have no adverse health effects. “

Dr. Carpenter further advises, “An informed person should demand that they be allowed to keep their analog meter”

カーペンター医師は述べた。「無周波数の電磁波にさらされることは、癌のリスク、神経系のダメージ増加、電磁波過敏の原因、いろんな臓器の再生を妨げる作用やほかの様々な影響があること、その証拠を私たちは持っています。スマートメーターが健康に影響しないということはどこにもきちんと述べられていないのです。」

そして、「(交換の)通知が来たら、旧式のアナログメーターのままでいいかと尋ねるべきです」とアドバイスしている。

(Smart Meters Pose Cancer/Health Risks- Medical expert warnsより)

 

いま私たちができることは

 

東京電力では、メーター交換拒否の旨連絡を入れれば、対応してくれるそうです。

でもHPにはもちろんそんなこと書いていないので、メーター交換のお知らせが来たら、

「へーそうなんだ」

で設置まであっという間に終わってしまいます。

厄介な点は、突然睡眠障害や気分の浮き沈み、めまいや耳鳴りに襲われても、それがスマートメーターが原因であると特定されにくい、診断がつきにくいというところではないでしょうか。

スマートメーターのせいなのは気のせいだ、ただ具合悪いだけなんじゃないのか、という感じで流されて行ってしまいがちです。

だから、欧米ではすでに多くの人が声を上げ、スマートメーターを撤去するまでになっている個所もあるのです。

さらに日本では、一度スマートメーターに変えてしまうと、なかなかアナログ式には戻せないということです。

家族の健康を強力な電磁波で害される前に、根拠がなくても、(根拠があってからでは遅いですよね)

「スマートメーターへの交換はいりません」

と伝えるべきでしょう。

電磁波?気にしすぎじゃないの?と思う方、全く害を感じない方にとってはメリットがたくさんありますのでぜひ交換してください。あとあと原因不明の体調不良が出ても、あの時こうしていればもしかしたら大丈夫だったかもしれない、ではもう遅いです。

時間は遡れませんからね。

 

以下参考サイトです。

海外ではだいぶ前からスマートメーターが導入されていて、その強力な電磁波による被害は広がり、さまざまな運動にまで発展しています。

Stop smart merger

smert merter health alart

日本中の電気メーターを交換する事が決まっている今、あなたの家のメーターをチェックしてみてください。

日本語参考サイト↓

電磁波問題市民研究会 HP 東電は来年度から本格導入

日本でも将来自動的に導入される「スマートメーター」米国で健康を害する電磁波、発火すると報告が相次いでる

アパートやマンションに住んでいる方は、きちんと問い合わせてみましょう。

関連記事

【妊婦さん至急要対策】気づいたらもうスマートメーターに変わっていた・・・電磁波が気になる人のための対策まとめ

今電力会社が必死にやっているスマートメーター交換。「拒否」の意思表示が大切なわけ