Pocket

私の祖父は、2人とも

ヘビースモーカーでした。

2EF28C08-6DE1-4747-A07B-B2053CA2E183.jpg
奇跡に近い形で戦時中を生き抜いた2人でしたが、1人は肺がんで60代で亡くなり、もう1人は90過ぎまで生きました。
旦那に訴えて来た通り、タバコは百害あって一利なしです。
しかし、旦那が意外とタバコの害を軽視して来た背景には、私が子どもの頃から同居していた祖父がずっと健康だったことにあります。
その前に旦那の禁煙チャレンジはこちら↓
早くに亡くなってしまった方の祖父の生活は今や良くわかりませんが、長生きした方の祖父がなぜ、健康でいたのかをいくつか考えてみました。

 日本酒大好き


​祖父は大の日本酒好き。
夕飯は必ず日本酒を徳利一杯飲んでいました。
酒タバコってセットで言うくらい、身体に悪いと思っていたけれど??一体どういうことなのでしょう。
という事で調べてみました。
日本酒は、「醸造酒」。
原材料の栄養がそのまま取れる造り方をしているお酒で、ワインなんかも同じ「醸造酒」です。
米と米麹からできている日本酒は、700以上の栄養がたっぷり詰まっていて、特にアミノ酸はダントツ多い含有
これは麹が酵素を大量に発生させ、米のでんぷんを糖やアミノ酸へと分解する働きがある為なんだそう。
また日本酒に含まれる「フェルラ酸」という物質は、アルツハイマー治療に効果的な成分が含まれていることが発見されました。

他にも、癌抑制や血圧上昇の抑制などの効果がある成分が含まれています。

更に、日本酒には血管拡張作用があるアデノシンの含有量が他のお酒よりも高い為、血流がよくなり身体を温め、代謝を高めてくれます

近年の研究で、これらの日本酒に含まれる様々な栄養素が注目されて、美容効果も期待できるとハリウッドからも愛飲するセレブが続出!!

日本酒に含まれるビタミンやアミノ酸はもちろん美容に有効ですが、アルツハイマーに効くフェルラ酸は紫外線のダメージを避け、抗酸化作用もあるというすごい成分です。

さらに麹菌には美白効果、保湿効果がある成分が豊富!

原料の米麹で作る甘酒で美活をするなど、日本酒は健康美容に大注目のお酒であることがわかりました!
日本酒すごい!!
ささ、日本酒好きはどんどん行っちゃいましょう!

【渡辺酒造店公式通販】



お刺身大好き


​母はいつも、父と祖父の為に、
「今日はどのお刺身がいいかな〜」
と言いながら、スーパーで選んでいた記憶があります。
食卓には毎日必ず、ご飯の前にお刺身が出されていました。
祖父は昔気質の鹿児島男児なので、(座ってりゃなんでも出てくるという時代の、あれなんですね)
「おいしいね〜」
なんて言うこともなく黙々と食べていましたが、20年以上も同じ食卓で見ていれば、おいしいと言わずともお刺身が大好きだった事は明確です。
お刺身が身体にいい事は、すでに明らか。
何故ならばお刺身は生の魚。魚に豊富に含まれる良質な脂(オメガ3)や、生の食材から取れる酵素が豊富だからという理由で、オススメの食べ物なんです!

オメガ3の効能


⚫︎ ダイエット(美肌)
⚫︎うつや、認知症の予防
⚫︎癌予防
⚫︎コレステロール値の低下
⚫︎血栓予防など血管の若返り効果
(動脈硬化や脳梗塞の予防)
⚫︎高血圧
など、見た感じ血液サラサラになりそうな効果がズラリですね!
摂らないとな気さえします。

ついでにダイエットですが、中性脂肪を下げることから効果があるようです。
「体脂肪を落とす」とは違います。中からキレイにしていくイメージですね。

DHA,EPAはオメガ3ですが、それはまた今度詳しく記事にします。
 

 酵素とは何か


​酵素は、身体に入ってきたビタミンやミネラルがきちんと役割を果たして働けるように、サポートをする役割をしています。
つまり、栄養素とタッグを組んで協力して、生命維持をしているんですね。
だから、いくら栄養をばっちりとっていても、酵素が不足していると、きちんと栄養が消化.吸収されないというわけです。
一口に酵素とはいっても、かなりたくさんの種類があります。
大きく分けると以下の3つです。
一つ目は消化酵素
こちらは文字通り、栄養素の消化を助けます。
例えばアミラーゼ。聞いたことありませんか?理科で習ったから聞き覚えがありますよね。
だ液に含まれているアミラーゼがでんぷんを分解して、糖に変えます。
胃、膵臓、腸などのそれぞれの器官で、それぞれの酵素が働いて、しっかり栄養素を分解していくのです。
消化酵素とあわせて働いているのが、2つ目の代謝酵素。こちらは、消化酵素が分解した栄養素を身体に運ぶ働きをします。


でも、私達の体内にあるこの2種類の酵素は、使えば減ります。
​ジャンクフードや脂っぽいものなんかは、特に酵素を消費します。

歳をとっても減ります。
消化酵素が減れば、栄養素がうまく分解されないために、胃もたれしやすかったり風邪をひきやすくなったりします。
代謝酵素が減れば、うまく栄養素が回らずに代謝が落ち、太りやすくなります。
それを補うのが、毎日の食事から摂る食物酵素です。

食物酵素を含む食べ物とは

食物酵素は、生の野菜や果物に多く含まれます。
伊達式ダイエットで、一口目は野菜としている理由の一つに、酵素を補うためとあります。
果物は野菜よりカロリーが高いものが多く、糖類も含んで甘いため、食事の前に摂ると満腹感を感じやすいので、食後に摂るのが良いでしょう。
また、今や海外で人気の寿司(生の魚)からも、もちろん酵素を摂ることができます。
そして日本人なら馴染み深い味噌、納豆、ぬか漬け、塩麹などの発酵食品もたっぷりと酵素が入っているので欠かせません。
お肉を、リンゴのすりおろしや塩麹につけて柔らかくするのは、酵素の働きで肉のタンパク質を分解するからです。
気軽に酵素を摂れるドリンクもたくさん出ていますね。
無添加で吸収率のいいものを選んでくださいね。






 お菓子を食べない

毎年祖父にバレンタインでプレゼントするのに、私は非常に悩んでいました。
祖父はお菓子は一切食べなかったんですよね。
甘くない、お茶のクッキーをプレゼントした時も、ありがとうね、と言って神棚に置いていました。
今思えば、チップスやスナック菓子も食べませんでした。
おしるこくらいかな。食べていたのは。
祖父は戦争中、生きて帰れた事が奇跡と言えるような体験を戦場でしているので、お菓子をそもそも食べようと思った事がなかったのかもしれません。
余計な糖分や油分をたっぷり含み、消化にエネルギーを使い、身体を酸化させるようなお菓子は身体に入らないに越した事はないですよね。

食後に緑

普段祖父母は必ず、湯呑みを持って部屋からでてきては緑茶を入れ、また部屋に戻って飲んでいました。
食後にも必ず一杯飲みます。
1日に、湯呑み4杯は確実です。
緑茶は栄養が豊富な飲み物です。
お茶のもつポリフェノールの抗酸化作用はとてもつよく、癌の抑制作用があることが静岡県立大学のチームにより発表されました。
さらに緑茶は、食後の血糖値を下げたり、pf調整をするなど体内のバランスを整えます。
善玉コレステロールを増やして、動脈硬化の予防になる事もわかっています。
また、カテキン、ビタミンCといった有効な殺菌抗菌成分が免疫力のサポートをします。
虫歯になりにくくする、O157などの有害な菌を殺す、など、疾患から遠ざけてくれます。
調べたら何気にすごかった緑茶、
おそるべし!!
いかがでしたか。




タバコの害は、消す事はできません。
でも、プランマイナスがゼロに近くなるくらい、食生活に長生きのヒントがあったのでは、と思っています。
食べるものから身体はできている
といいますが、祖父の食生活を振り返って納得でした。