Pocket

小林麻央さんのブログ

あまりにも、読んでいて苦しいです。

小林麻央さんのブログ。約250万人が読者登録をしているという大人気ブログ、毎日の訪問者数だって、読者登録していない人も含めたらえらいことになっています。

それだけ、癌と闘う若い彼女に注目が集まっているのでしょう。




 

二児の母。30代。

 

がんと闘う、というのはメインですが、それだけでなく彼女のブログを読むことで、いかに母として妻として毎日の何もない日常が幸せなのかを思い知らされます。

0歳児が夜泣きがひどくて眠くても、3歳児が理不尽にギャーギャーぐずっても、中学生の思春期のトゲトゲが予想不可能に襲って来ようとも、それでもそれが幸せなのだと、家族を大切にしようと思えます。

何一つ欠けることのない日常が、どれだけ幸せなのかということを考えさせられます。

それだけでも小林麻央さんの生きる力は、私達母親に力を与えてくれるのですが、もう一つブログを読んでいて得たこと。真剣に癌について考える機会となりました。

隠さずに癌の痛みや闘病中の自分の姿を晒し、胸の内を吐露することで、いかに闘病が辛いものであるのかを身近に感じました。

同時に、それを支える家族の想いまで考えると、涙が勝手に溢れてくるのです。

私が、癌で倒れるわけにはいかない。

では、癌にならないようにするためにどうしたらよいのか。

それを真剣に考えることにしてみました。

 

がん患者は増え続けている?

 

国立がん研究センターのがん情報サービスによると、

人口の高齢化を除いた年齢調査率でみると、癌の死亡は1990年代半ばをピークに減少、羅患は1980年以降増加している。

がんの死亡数と羅患数は、人口の高齢化を主な原因として、ともに増加し続けている。

ということで、やはり増加しているとのこと。

2015年のがん死亡数は、1985年の約2倍。羅患数は約2.5倍と、ものすごい数で増えていますが、その原因は人口の高齢化とみています。

ということは、人間年をとると癌で死ぬのか?という疑問もありますよね。

ちなみに75歳以上のがん患者数を見ないで計算すると、癌は減少傾向にあります。

とはいえ、下のグラフのように、男性は40代、女性は30代半ばからいきなりがん死亡率が増えてきますので、誰でも注意が必要です。

福島原発事故はどう関係してくるのか

放射線が、人の体を通り抜けるときに遺伝子を傷つけ、その遺伝子が傷ついたまま分裂することで癌へと変化することは、こちらの記事でも書きました。

内部被ばくって何だろう

外部被ばくって何だろう

少なくともこの放射性物質によって、遺伝子が傷ついた状態にあるのは確実であり、それが何年後にどんな影響を及ぼすのかは未知数です。

しかし癌患者の数に変化があるのは確実でしょう。

とくに事故後5年の間は、大量の放射線が降り注いだ時期であり、その危険性を知らされずに国民が原発事故を甘く見ていた時期でもありました。

今になってたくさんの市民団体の方が動き、世界の原子力に詳しい人々が警鐘を鳴らすことによって、日本で起きていることが重大な危機であるということを感じるようになりました。

「ただちに影響がでるものではない」

と政府の発表に合った通り、なんです。

これから特に私たちが気を付けなければならないこと。

30代、40代の方は特に、「まだ若い」「他人事」だと思いがちです。

事故があったこの時代だからこそ、家族のためにもどんな手を打っていけばいいのかを考えていきたいところです。

 

追記 麻央さん死去、ご冥福をお祈りいたします。

6月23日、ついに耳にすることになってしましました。

フリーアナウンサーで歌舞伎俳優・市川海老蔵さん(39)の妻、小林麻央(こばやし・まお、本名・堀越麻央=ほりこし・まお)さんが死去した。34歳。2016年6月、海老蔵さんが、麻央さんの乳がん発病を公表。麻央さんは同9月から自身のブログで闘病生活をつづっていた。海老蔵さんが23日午後、東京都内で記者会見する。

と、メディアは伝えています。(mnsニュースより)

インターネットで彼女の着物姿の写真が出てきたときに、ドキッとしました。昔の美しい姿を写真で出すってことは・・・と思い、スクロールすると、やはり死去のニュース。これほどまでに心臓がバクバクと脈打ちながら人の悲しいニュースを読むのは初めてでした。

同い年。同じく母として。

ブログを通してですが、いろんなことを教えてくれてありがとうございました。

そしてお疲れさまでした。ご冥福をお祈りいたします。

 

海老蔵さんの記者会見

「人生で一番泣いた日です」「お察しください」「なるべくいつも通りに過ごします」

などとブログでつづった海老蔵さん。覚悟していただろうとはいえ、心中の思いは計り知れません。

妹の病状をカモフラージュしつつ、自身も過労で体調を崩すなど、献身的に支えていた姉・麻耶さんのことも、心配です。

 

都内の自宅前には報道陣が100人以上集まり、警察が出動。午前9時には規制線が張られる事態になり、午前10時頃に松竹関係者が報道陣に会見を開く旨、説明した。(デイリースポーツより引用)

 

・・・何やっているんでしょうか。報道陣。それほどにプライバシーを侵してまで、人がなくなったことを伝えたいのでしょうか。

ただただ、軽蔑します。

 

海老蔵さんの会見は午後2時半からです。

彼が悲しみの底にいても、表で話してくれるというのですから、それまでおとなしく待っていたらどうでしょうか。



会見の様子はこちらです

小林麻央さん死去 23日市川海老蔵さん会見内容 全文 麻央さん最期に「愛してる」、ブログ読者に向けて涙の報告